【MAC】Atomでmarkdownを記述する環境を整える

AtomMarkdownを記述する環境を整えてみた。 記述したMarkdownそのままでブログも投稿できるので、便利になるはず!

1. Atomをインストールする。

以下からダウンロードできる。

https://atom.io/

zipファイルなので展開して起動する。

2. Control+Shift+Mを押す

右のウィンドウにマークダウンのプレビューが表示されます。

f:id:sawarasawara:20171002015730p:plain

終わり!超簡単でした!!

Webサイト公開しました

久々に土日両方共休むことができたので、Webサイト作ってみました。 最近仕事でエポックミリ秒から時刻へ変換する作業が多いので、変換ツールを公開しました。

これから少しずつコンテンツを増やしていきたいと思っています。

エポック秒変換

飲み会があった

飲み会があった。

周りからちやほやされて、任せられて、なんとかこなしていく人と話した。

前の会社の自分もそうだったなと思った。

怖いもの知らずで、同年代で自分が一番輝いてると思ってて、先輩を馬鹿にして。

今の会社に入って、ボコボコにされてそんな気持ちは吹き飛んだ。

そんな今の会社でも、そんな人はいた。

レベルの違いを感じた

説明が下手な自分

 自分は説明が下手だ。

自分が仕事のできない理由も妻を怒らせる理由も、そこに集約される気がする。

なぜ説明が下手なんだろう。

 

 ロジカルに考えられてないから?

構造化が上手にできないから?

要約するのが下手だから?

相手の気持ちを考えていないから?

相手の立場に立てていないから?

 

すべて当てはまってるんだと思う。

本を読んでも身に着けられない、どうしたらいいんだろ?

たぶん、もっと積極的に相手とぶつかって修正していかなきゃいけないんだろうな。

 

LM35DZが発熱した

Arduinoで温度センサのサンプルを動作させようとしたんだけど、正しい温度が計測できない。 何の気無しに素子を触ってみたら、熱くなりすぎてやけどしてしまった。 どうやらGNDとVS+を逆につなげたいたらしい。 正しい状態でやってみるも、常に0度が表示されるようになってしまい、壊れた。 一度上記の結線をすると壊れるようだ。 温度センサは1つしかないので悲しい。今度買いに行こう。

MacでArduinoをはじめた

Arduinoを購入したのでMacで動かしてみました

購入

買ったのは、サインスマートのUNO R3互換のボードです。 ブレッドボードやLEDなど基本的なパーツが揃ったセットになっているものです。

起動

今朝届いたので早速接続してみると、基盤のLEDが光りました! 動かすためのIDEArduinoのサイトからダウンロードしました。 HelloWorldをシリアル出力するサンプルコードを打ち込んで起動してみましたが、動かない。。 以下のエラーが出力されていました。

avrdude: ser_open(): can't open device "/dev/cu.usbmodem1411": No such file or directory
マイコンボードに書き込もうとしましたが、エラーが発生しました。
このページを参考にしてください。
http://www.arduino.cc/en/Guide/Troubleshooting#upload
対応

ネットで調べてみるとシリアルポートを選択する必要があるようです。 メニューのツール→シリアルポートから接続に使用するポートを選択して再度実行すると無事成功しました。 シリアルモニタを開いて Hello World!と出力することを確認できました。

H28 ネットワークスペシャリスト試験 合格しました

ブログの更新が三日坊主になっていました。

10月のネットワークスペシャリスト、合格していました!